Aug04th

アメリカ諸州同盟

Top / アメリカ諸州同盟

【概要】
 アメリカ諸州同盟(C.S.A. =Confederated States of America)は、北米大陸・旧アメリカ合衆国南部の14州により構成される、連邦国家。大統領制、議会制民主主義を採り、現在の大統領はJ.エドワーズ(初代、南部民主党)。連邦首都はテキサス州ダラス、経済の中心地はルイジアナ州ニューオーリンズ。

【歴史】
 二次大戦後、北米大陸はドイツの傀儡である国家社会主義党独裁政権下のアメリカ合衆国により統治されたが、ワシントン暴動を契機に全域で反乱が発生し、国家社会主義党政権は崩壊した。旧勢力を駆逐した合衆国では、反乱・抵抗運動の中核となったリベラル勢力が新体制構築の中心的役割を担うようになったが、これに対しドイツの支配下で奴隷制を堅持し白人至上主義を採っていた南部諸州が反発、合衆国と分離した新国家の樹立を宣言するに至った。

【政治】
 諸州同盟は連邦制であるが、州の権限を留保する州権主義の考え方も強く、連邦政府は大きな権限を持つものの、各州に留保された分野も多い。連邦政府は、行政府・立法府・司法府による厳格な三権分立を特徴とする。
 行政府は、間接選挙(選挙人投票)により選出される、国家元首でもある大統領(1期6年まで)が、各省の長官などからなる大統領顧問団をはじめとするスタッフの補佐を得て率いる。
 議会は、上下院の二院制で、上院は各州2つずつの28議席(任期6年)、下院は人口比により配分される105議席(任期2年)である。政党の結成は共産主義政党、ファシズム政党を除いて制限がない為、多数の政党があるが、実質的に国政に影響力があるのは独立党と南部民主党の二党のみで、二大政党制と呼ばれている。一般的に独立党が保守主義、市場原理主義的で、南部民主党がリベラル、社会民主主義的と言われているものの、諸州同盟自体の政治風土が保守的である為、外部からは大した違いはないと評される事もしばしばである。
 なお、白人以外の有色人種には公民権が与えられていないので、奴隷でなく永住権を獲得していても、解放奴隷や非白人系移民には選挙権がない。

【行政区分】
 ヴァージニア(州都リッチモンド)、サウスカロライナ(州都コロンビア)、ノースカロライナ(州都ローリー)、ケンタッキー(州都フランクフォート)、テネシー(州都ナッシュビル)、ジョージア(州都アトランタ)、アラバマ(州都モンゴメリー)、ミシシッピ(州都ジャクソン)、ミズーリ(州都ジェファソンシティ)、アーカンソー(州都リトルロック)、ルイジアナ(州都バトンルージュ)、オクラホマ(州都オクラホマシティ)、テキサス(州都オースティン)、アリゾナ(州都フェニックス)の14の州が存在する。州は、それぞれ知事に率いられる州政府、州議会、州最高裁を持ち、法制度すら州によって大きく違うなど、内政に関しては連邦政府の介入を排除した高度の自治権を有している。また、陸軍と限定された空軍を含む州兵(州軍、ナショナル・ガード)も編成しており、戦時に連邦軍を補強する予備兵力としての機能がある。
 連邦政府はテキサス州ダラスに置かれているが、当初はダラスをワシントンD.C.のように独立した首都行政地域とする計画であった。計画は人口も多く、富裕な都市であるダラスを失う事をおそれたテキサス州政府の反対により頓挫し、今に至っているが、首都は中立地域に置くべきとの意見も多く、新首都建設は常に連邦議会の議題の一である。

【経済】
【文化】
【軍事】
 連邦レベルの軍事組織は、陸軍、海軍、空軍、海兵隊の四軍に、戦時は海軍の指揮下に入る、準軍事組織の沿岸警備隊がある。各州毎の郷土防衛部隊とも言える州兵は、連邦軍の予備部隊として連邦軍と同等の装備・訓練が与えられ、平時は州知事の指揮下にあるが、戦時には連邦軍の一部に組み込まれる。
 軍は、大統領を最高司令官とし、国防省の長である国防長官が事務、国防政策を統括する。

・陸軍
 陸軍は、連邦政府の組織の中でも際だって新ナチ、白人至上主義の傾向が強いと言われている。それは、同盟陸軍の中核は、パクス・ゲルマニカ崩壊で居場所を失った元SS義勇部隊(アメリカ人による武装SS部隊)だからである。即ち、暴動の拡大により事態が不可逆な情勢に陥った時、政治的な保護を与えてくれる所属先を求めていた武装SS部隊と北部に対する独立の「切り札」を求めていた南部の分離主義政府の利害が一致し、アメリカ全土のSS義勇部隊、「コロンビア第1」「コロンビア第2」「J.L.ロックウェル」「フリッツ・クーン」の4個師団8万強が同盟陸軍に編入され、南部独立の立役者となった。諸州同盟の成立後、彼等SS義勇部隊出身者は対独協力者への裁判に於いても「ドイツ支配下で、生存の為やむを得ずSSに入隊した」として免責された。

・海軍

・空軍

・海兵隊