Aug04th

インド帝国

Top / インド帝国

FrontPage/世界概要/三次箱の歴史

 

インド帝国

 
あなたは通算 1002 人目の来訪者です。
現在、1人がこのページを閲覧中です。
 

目次


国家概要

国名インド帝国
公式略称インド/印
首都デリー(ニューデリー地区)
最大都市ムンバイ
政治体制立憲君主制
公用語ヒンディー語、英語
国王ハイダル・ウォディヤール
国家元首ヴィシュワナート・グジュラール
英語国名Indian Empire
通貨ルピー
 

国土

領土

インド亜大陸のほぼ全域

 

主要都市

  • デリー



  • ムンバイ



  • コルカタ


 

国民

多数の言語を話す民族が存在するが、全てインド人とする。

  • インド人 93%
  • その他 7%
 

歴史

19世紀にイギリス人の手によって、初めてインド亜大陸全域を領土とする英領インド帝国が成立した。
その後、第二次世界大戦時にイギリス亡命政府と共に連合国側で戦ったが、大日本帝国に敗北。
直後に成立した政権は枢軸国側で参戦し、そのまま枢軸国の勝利で戦争は終結した。
イギリスの統治下でなんとか纏まっていた数百の藩王国は再び全て独立し、インド帝国は事実上崩壊することとなる。
その後、第三次世界大戦でインド統一の機運が高まり、ヴィシュワナート・グラジュールが全ての藩王国を統一。
マイソール藩王国藩王ハイダル・ウォディヤールを国王としたインド帝国が成立した。


政治

政府首脳部

役職名前
首相ヴィシュワナート・グジュラール
外務大臣ラジーヴ・クリシュナ
 

外交

国交樹立国家

 

経済

 

産業


文化

 

軍事