Feb25th

オーストリア国

Top / オーストリア国

オーストリア国

国旗
国章
国歌
公用語ドイツ語
国家元首大統領 ハンス・モーリッツ・オルフ
首都ウィーン
最大都市ウィーン
公式略称オーストリア、墺
英語表記Austria
独語表記Östareich
通貨ライヒスマルク

概要

 オーストリア国は、ウィーンを首都とし、オーストリア、チロル、スロベニア、イタリアを領有する国家である。

政治

政体

 オーストリア国では、国家社会主義オーストリア労働者党(NSÖAP)が唯一の合法政党とされ、あらゆる分野に多大な影響力を持ち、その思想は広く国民に共有されている。時折、他の国民と思想を共有せず、勝手な思想を有する者があらわれるが、そのような者は、国家の為に直ちに処断される。

行政

大統領を頂点に、各省の大臣が行政を運営する。
下表の通り、殆どの大臣がNSÖAPの要職を兼務しており、党と国家が一体化している現状が見て取れる。

大統領ハンス・モーリッツ・オルフ兼NSÖAP最高指導者
副大統領マンフレート・ジギスムント・クノープロッホ兼NSÖAP最高指導者代理
大統領府官房長ヴァルデマール・ヘルミン・バルタザール・フライシャー兼NSÖAP官房長
内務大臣ゲロルト・ヴィンフリート・ブルーノ・アードルング兼司法・治安大臣、NSÖAP司法主席補佐
外務大臣エルンスト・オスヴァルト・ベルンハルト・ヴァイスハウプト兼NSÖAP渉外政策主席補佐
司法・治安大臣ゲロルト・ヴィンフリート・ブルーノ・アードルング兼内務大臣、NSÖAP司法主席補佐
大蔵大臣フィリップ・モーリッツ・ヴォルケンシュタイン兼NSÖAP経済財政主席補佐
国防大臣フェルディナント・ハーロルト・パラディース兼NSÖAP国防政策主席補佐
経済産業大臣エメリヒ・ハインツ・レフラー兼国家銀行総裁
労働・民政大臣ルーペルト・フリッツ・フィーグラー兼国家労働奉仕団総裁
運輸建設大臣エッカルト・フロリアン・ヴィンツェンツ・オーレンドルフ
情報通信大臣ローラント・マテュー・ロマーヌス・シュナース兼NSÖAP通信主席補佐
農業食料大臣ミヒャエル・ルーペルト・フロシャウアー兼NSÖAP農業政策主席補佐
啓蒙・宣伝大臣アウグスト・カスパル・アルムホルト兼NSÖAP出版宣伝主席補佐
航空大臣ニコラウス・マテウス・リュベッケ兼軍需大臣
科学・教育・文化大臣クリスト・ローデリヒ・ヘルマン・ザイフリート兼NSÖAP教育主席補佐、オーストリア愛国青年団総裁
軍需大臣ニコラウス・マテウス・リュベッケ兼航空大臣
地方行政大臣エーベルハルト・ヘトヴィヒ・ダウデルト兼NSÖAP地方行政主席補佐

立法

 国民議会が立法権を有するが、「国家の危難を排除するための法律(以下、全権委任法)」により、大統領は国民議会の議決無しに法律を制定できる。

国民議会

 一院制の立法機関。州単位の大選挙区完全連記制で選出。定数200。唯一の合法政党たるNSÖAPが全議席を占める。

議長ヴェンツェル・ジークムント・ローターNSÖAP兼NSÖAP国民議会議員団長
副議長ハンネス・ヘルムート・ペーツォルトNSÖAP兼NSÖAP国民議会議員団副団長
議院運営理事長ヘリベルト・アウグスティーン・ギーアスターNSÖAP兼NSÖAP官房次長

司法

 司法権は、ウィーンの最高裁判所以下、四つの控訴裁判所、州庁所在地の地方裁判所、1~複数の行政管区毎の区裁判所、軍内部限定の軍法会議、NSÖAP党内の党最高裁判所、党管区裁判所、党地区裁判所が行使する。

最高裁判所長官エーミル・ハンス・ヘルツシュ兼NSÖAP官房次長
軍法会議長官ディーテリヒ・ループレヒト・エンツェンスベルガー兼国防軍憲兵準司令
党最高裁判所長官ライヒアルト・レギナルト・エドゥアルト・ベルツ

地方行政

 一級行政区画として州が、基礎行政単位として行政管区が設置されている。州には、地方行政省から州総督が派遣される。州議会は、「国民議会と州議会の議席配分の均衡に関する法律」により、全ての州議会で国民議会同様の比率で議席配分が行われる。よって、全ての州議会でNSÖAPが全議席を占めている。
 しかしながら、現状、州は地方区分以上の意味を持たない。複数の州に跨って置かれる党管区が、実質的な行政区画となっている。党管区は、党中央が選任する管区指導者が指揮する。

  • ウィーン党管区
     管区指導者:コンラート・イェフ・アーレンス(兼ウィーン特別州総督)
     管区指導部:ウィーン
    ウィーン特別州ウィーンコンラート・イェフ・アーレンス兼ウィーン党管区指導者、党ウィーン地区指導者
  • エスターライヒ=ブルゲンラント党管区
     管区指導者:フベルトゥス・バルトロメーウス・ザイツィンガー
     管区指導部:リンツ
    ブルゲンラント州アイゼンシュタットラルフ・マクシミリアン・フリーデグント・ヨルダン兼党ブルゲンラント地区指導者
    ニーダーエスターライヒ州ザンクト・ペルテンギュンター・アントーン・シュヴァルツェンベック兼党ニーダーエスターライヒ地区指導者
    オーバーエスターライヒ州リンツゲロルト・レオポルト・シュルツ兼党オーバーエスターライヒ地区指導者
  • ツェントゥルン党管区
     管区指導者:クリストフ・ロマン・アーブラハム・ライスト
     管区指導部:グラーツ
    ケルンテン州クラーゲンフルトオスカー・ゴットヘルフ・ヤーコブ・ハーゼンバイン兼党ケルンテン地区指導者
    ザルツブルク州ザルツブルクニクラス・アウグスティーン・フランツ・アルマント・ヴィンクラー兼党ザルツブルク地区指導者
    シュタイアーマルク州グラーツヨアヒム・ゼバスティアン・メルヒオール・シュライバー兼党シュタイアーマルク地区指導者
  • チロル=フォアアールベルク党管区
     管区指導者:ラインヴァルト・フーゴー・ハンス・ランナー
     管区指導部:インスブルック
    ノルトチロル州インスブルッククラウス・オスカー・シェーンベルク兼党ノートチロル地区指導者
    フォアアールベルク州ブレゲンツエリク・ヤーコブ・ヴィリバルト・パウルゼン兼党フォアアールベルク地区指導者
    ズートチロル州ボツェンエアハルト・ブルクハルト・リンク兼党ズートチロル地区指導者
    トリエント州トリエントイェフ・ヘトヴィヒ・ヴェーデル兼党トリエント地区指導者
  • クライン=トリエスト党管区
     管区指導者:ハインツ・ウルリヒ・フンケ
     管区指導部:ライバッハ
    マールブルク州マールブルクディルク・アントニウス・リーネル兼党マールブルク地区指導者
    クライン州ライバッハギュンター・ロマン・バルヒェット兼党クライン地区指導者
    キュステ州トリエストエッカルト・ハインリヒ・ミュラー兼党キュステ地区指導者

政党・団体

国家社会主義オーストリア労働者党

 オーストリア唯一の合法政党。略称はNSÖAP。内部部局のトップは、党官房を除き「主席補佐」である。これは、最高指導者は全ての責任者であり、内部部局はこれを支える存在だからである。

最高指導者ハンス・モーリッツ・オルフ兼大統領
最高指導者代理マンフレート・ジギスムント・クノープロッホ兼副大統領
党官房長ヴァルデマール・ヘルミン・バルタザール・フライシャー兼大統領府官房長
司法主席補佐ゲロルト・ヴィンフリート・ブルーノ・アードルング兼内務大臣、司法・治安大臣
渉外政策主席補佐エルンスト・オスヴァルト・ベルンハルト・ヴァイスハウプト兼外務大臣
経済財政主席補佐フィリップ・モーリッツ・ヴォルケンシュタイン兼大蔵大臣
国防政策主席補佐フェルディナント・ハーロルト・パラディース兼国防大臣
通信主席補佐ローラント・マテュー・ロマーヌス・シュナース兼情報通信大臣
農業政策主席補佐ミヒャエル・ルーペルト・フロシャウアー兼農業食料大臣
出版宣伝主席補佐アウグスト・カスパル・アルムホルト兼啓蒙・宣伝大臣
教育主席補佐クリスト・ローデリヒ・ヘルマン・ザイフリート兼科学・教育・文化大臣、JdÖ総裁
地方行政主席補佐エーベルハルト・ヘトヴィヒ・ダウデルト兼地方行政大臣
組織主席補佐グンター・マルセル・ツヴァイクレ
国会議員団長ヴェンツェル・ジークムント・ローター兼国民議会議長
党最高裁判所長官ライヒアルト・レギナルト・エドゥアルト・ベルツ

国家労働奉仕団

 労働者による組織。略称はRAD。NSÖAPの指導の下、労働を通じて国家に貢献することを目的とする。すべての労働組合はRAD支部として結成され、国家の為に勤労奉仕することが求められる。下部組織の国家社会主義勤労奉仕団は、国民サービスや農業など、国策の様々な場面で活躍する。

オーストリア女性同盟

 女性党員による組織。略称はFdÖ。国策としての母子援助活動を担う。また、男性党員の妻も加入することが出来るが、こちらは任意。

オーストリア愛国青年団

 10~18歳の全男子が加入する組織。略称はJdÖ。国家に奉仕し得る強靭な肉体と、愛国心を養うための組織。

オーストリア愛国女子同盟

 10~18歳の全女子が加入する組織。略称はBÖM。オーストリアの将来を担う良妻賢母の育成を目的とする。

外交

 枢軸諸国との連携を第一とする。

国交を有する国(五十音順)

大日本帝国
ドイツ第三帝国

以下、鋭意執筆中