Jul10th

千島・樺太経済特別区域

Top / 千島・樺太経済特別区域

千島・樺太経済特別区域は、千島列島南部および樺太全土を拠点とする国家である。
厳密には、日本国の一都市という扱いであるが、日本国が実質消滅してしまったため一独立国としての立場を有す事になっている。
日本国の正当な後継を主張している。

概要

国歌君が代
国家元首今上天皇
人口2,000万人
建国紀元前660年2月11日
特区成立年2011年3月11日
主要民族大和民族、ロシア人、朝鮮民族、漢民族、アイヌ
言語日本語、北京語、朝鮮語
首都ゴリャチエ・クリュチ
通貨円(¥)

文化

ソヴィエト、ロシア連邦によって統治されていた時代が長かったため、日本国への返還以後も文化や地名などがそのまま残った。
ロシア文化と日本文化が程よく混じり合った和洋折衷の様相を見せている。
十字卒塔婆(十字架型の卒塔婆)や、モスクワ寺(ロシア正教の寺院の形をしたお寺)などが有名。
とはいえ、現在では大量の摩天楼の中にそのような文化は隠れて消え去ってしまい、国外でそれらを認知される機会は余無い。

天皇