Jun06th

占守共和国

Top / 占守共和国

占守共和国とは北千島四島と磨勘留島・温禰古丹島・春牟古丹島・越渇磨島の計八島を領有する国家の事である。

概要

国名占守共和国
首都シュム・ウシ
民族アイヌ族97.5%,ニヴフ族1.2%,ウィルタ族1.1%,イテリメン族0.2%
言語アイヌ語,ニヴフ語,ウィルタ語,イテリメン語

地理

北千島四島と磨勘留島・温禰古丹島・春牟古丹島・越渇磨島の計八島を領有し、それぞれ四つの民族に分けられている。

北千島四島

アイヌ族に配分されている。

主に首都が存在する占守島か最大の島である幌筵島に住んでいる。

阿頼度島

島の東側には噴火で形成された小島、武富島がある。

活火山であるオヤコバッカ(阿頼度山)があり火山性のガスを吸ってしまう危険性がある。

比較的安全な場所にアウ・ライトと言う小さな集落が存在する。

占守島

首都、シュム・ウシが存在する。

その他いくつかの集落が存在する。

幌筵島

占守共和国が領有する八島のなかで最も大きい島。

五つの山を持ちその内千島硫黄山では硫黄の採掘が行われている。

集落はパラ・モシリをはじめ、四つ存在する。

志林規島

周囲が断崖絶壁で集落は小さなものが一つしかない。

トドの狩猟が盛ん。

磨勘留島

ニヴフ族に配分されている。

上陸できる場所は少ないが淡水が豊富。

集落が二つ存在する。

温禰古丹島

ニヴフ族・ウィルタ族のニ族に配分されている。

根茂山・黒石山と言うカルデラ湖を持つ山が二つあることで有名。

集落は三つあるがその中でニヴフ族のイルシカブシ村は規模が大きい。

春牟古丹島

ウィルタ族に配分されている。

主食として用いられるトゥレプ*1の産地。

二つの集落が存在する。

越渇磨島

イテリメン族に配分されている。

淡水が無く外部からの持込や雨水に頼るしかない。

がしかし暗礁が多く安全な船着場が多い。

このため近くの春牟古丹島から定期的に水が送られたり、海水淡水化プラントの建設も進められている。

集落は一つ。

民族

外交